Information

HOME > Information » イベント > H26年度JRA畜産振興事業に関する調査研究発表会(10/1開催)

イベント

H26年度JRA畜産振興事業に関する調査研究発表会(10/1開催)

掲載日: 2014年8月26日

H26年度JRA畜産振興事業に関する調査研究発表会

H26チラシ(確定版) - コピー_Page_1

この度、財団法人全国競馬・畜産振興会と東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センターの共催で調査研究発表会を開催いたします。

財団法人全国競馬・畜産振興会は日本中央競馬会からの交付金を受けて、民間団体が実施する畜産技術の研究開発や被災地支援対策に関する調査研究等を助成する業務を行っております。こうした調査研究からどのような知見が得られ、今後の被災地支援に役立てていくのかを広く一般の方々に知っていただくことを目的とした発表会です。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

開催報告はこちら

日時 2014年10月1日(水) 13:10-17:10 (開場は12:30)
場所 東京大学農学部弥生講堂・一条ホール
(東京メトロ南北線「東大前」下車、徒歩2分)
定員 250人
参加費 無料
事前申込み 不要
主催 財団法人全国競馬・畜産振興会
東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター
お問い合わせ 財団法人全国競馬・畜産振興会 03-3506-7853

プログラム(内容・講演者は予告なく変更になる場合があります)

13:10 開会
13:10-13:25 挨拶
13:25-13:55 家畜に対するアニマルウェルフェアの現状と今後の方向性等について
竹田 謙一 (国立大学法人信州大学 農学部食料生産科学科 准教授)
14:00-14:30 農場HACCPの取り組みの現状と今後の推進方向について
竹原 一明 (国立大学法人東京農工大学 農学部共同獣医学科)
14:35-15:05 受胎率低下の現状を踏まえた雄側からの受胎性の改善について
内山 京子 (一般社団法人 家畜改良事業団 家畜改良技術研究所 開発第一課長)
15:20-15:50 牛肉の脂質を中心とした美味しさ評価基準の標準化について
丸山 新 (岐阜県畜産研究所 飛騨牛研究部 専門研究員)
15:55-16:25 放射性物質の家畜への影響調査について
眞鍋 昇 (国立大学法人東京大学 大学院 農学生命科学研究科 教授)
16:30-17:00 畜産物の安全に関する消費者の意識調査等について
細野 ひろみ (国立大学法人東京大学 大学院 農学生命科学研究科 准教授)
17:10 閉会
PageTop