活動の足跡 2017年

2017.10.05

「さいたま市 市民と食の安全を学ぶ会」センター訪問

2017年10月5日、さいたま市食品・医薬品安全課が主催する『市民と食の安全を学ぶ会』19名の方々がセンターを訪問してくれました。

魚病学研究室の横山博先生が「ヒラメのクドア食中毒について」、食の安全研究センターの関崎センター長がセンター沿革と「豚肉生食の危険性と食中毒」についてそれぞれ講義を行いました。

sp

2017.10.27

平成29年度JRA畜産振興事業に関する調査研究発表会を開催しました

日時:2017年10月27日(金)13:10-17:20
会場:東京大学農学部弥生講堂一条ホール

sp

2017.09.07

第28回サイエンスカフェ「食物アレルギーを知ろう! ——適切な情報を適切な人へ——」開催報告

日時:2017年9月7日(月) 14:00-15:30
場所:東京大学農学部キャンパス・フードサイエンス棟地上1階「カフェアグリ101」
話題提供者:東京大学大学院 農学生命科学研究科 附属食の安全研究センター 特任助教 足立はるよ 先生

sp

2017.11.07

「食未来🌿カフェ」Web申込画面の操作方法

「食未来🌿カフェ」Web申込操作方法

🌿「食未来🌿カフェ」Web申込画面の操作方法🌿

食の安全研究センターの「食未来🌿カフェ」(サイエンスカフェ)は2017年11月に第30回を迎えます。平素よりの皆様のご理解とご協力、そしてご支援に感謝いたします。

2017年春よりWeb上のフォームに記入していただく方式での受付を開始いたしました。今後ともより一層便利に利用していただくため、ホームページ画面の操作方法につきまして、掲載いたしましたのでどうぞご利用ください。

今後ともより多くの皆様のお申込をお待ちいたしております。

sp

2017.07.11

第27回サイエンスカフェ「キンギョはなぜ海が嫌いなのか?——魚の浸透圧調節機能とその応用」開催報告

日時:2017年7月19日(月) 14:00-15:30
場所:東京大学農学部キャンパス・フードサイエンス棟地上1階「カフェアグリ101」
話題提供者:東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 金子豊二 教授

sp

2017.04.01~2017.09.30

H29 テレビ出演・雑誌取材情報

日時 :2017年4月~2017年9月
対応者:センター長 関崎勉教授

sp

2017.06.16

「GAP」認証の意義 当センター教授よりコメント 新聞掲載

「読売新聞」21面 2017年6月16日(金)「くらし■家庭」

東京東京五輪での食材提供で 原材料の規格として注目を集める農産物規格「GAP」。読売新聞6月16日朝刊に食の安全と「GAP」への消費者の理解、関心等について、当センター・副センター長の中嶋康博教授のコメントが掲載されました。

日時:2017年6月16日(金) 読売新聞 「くらし■家庭」
掲載内容 「安全な農産物 認証目指す 「GAP」東京五輪での食材要件に」
食の安全研究センター・副センター長 中嶋康博教授 (農業・始源経済学専攻)

sp

2017.02.06

第25回サイエンスカフェ「農作物の放射性物質汚染について考える 〜福島原発事故を踏まえて〜」

日時:2017年2月6日(月) 14:00-15:30
場所:東京大学農学部キャンパス・フードサイエンス棟地上1階「カフェアグリ101」
話題提供者:東京大学大学院 農学生命科学研究科附属食の安全研究センター 中西友子 特任教授

sp

2017.05.11

当センター教授の研究が新聞に掲載されました

日時:2017年5月11日(水) 読売新聞夕刊 リサーチフロント
掲載内容 「微量物質で巧妙な生き方 制御担う 農作物への応用期待」
当センター 浅見忠男教授 / 田之倉優特任教授

sp

2017.01.10

第24回サイエンスカフェ「『機能性食品』って本当に機能しているの? —お口に入った機能性食品成分たちの腸管内運命—」

日時:2017年1月10日(火) 14:00-15:30
場所:東京大学農学部キャンパス・フードサイエンス棟地上1階「カフェアグリ101」
話題提供者:大澤朗 神戸大学大学院 食の安全・安心科学センター センター長・教授

sp

2017.02.22~23

創立10周年記念シンポジウム「食科学の現在と近未来」

日時:2017年2月22日(水)・23日(木)9:30-17:20
会場:東京大学農学部弥生講堂一条ホール

sp
sp
PageTop