HOME > Information » お知らせ > 国際シンポジウム「食の安全確保のための疫学研究と科学的リスク評価」

お知らせ

国際シンポジウム「食の安全確保のための疫学研究と科学的リスク評価」

掲載日:2007.11.19

東京大学創立130周年記念事業

日時 2007年11月19日(月)、20日(火)
場所 東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール
参加 自由参加
参加費 無料
当日受付にて参加者名簿に記入して頂くだけで結構です。
事前登録 不要(会場は約250名しか収容できませんのでお早めにお越し下さい。)
主催 東京大学大学院農学生命科学研究科/食の安全研究センター
共催 日本獣医疫学会
後援 東京大学130周年記念事業企画、文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム、東京大学大学院農学生命科学研究科アグリコクーン、内閣府食品安全委員会、独立行政法人農林水産消費安全技術センター

11月19日(月)

10:30-10:40 開会
局 博一(東京大学・食の安全研究センター長)
山本茂貴(日本獣医疫学会会長)
食の安全確保に向けた獣医疫学の展開
座長:小野寺 節(東京大学教授)
10:40-11:20 食の安全問題における獣医疫学の役割:アプローチと実際
Dr. M.D.Salman (コロラド州立大学教授)
11:20-12:00 食品由来病原体の監視における診断検査の評価
Dr. I.Gardner (カリフォルニア大学教授)
休憩
13:00-14:00 日本におけるBSE発生の疫学
吉川泰弘(東京大学教授)
14:00-14:40 食品安全に関わるリスクベースのサーベイランス
Dr. K.Staerk (王立獣医大学教授)
14:40-15:10 健康評価過程における獣医疫学の役割:抗菌剤耐性問題への理解と解決
Dr.D. A.Daragtz(Colorado State University)
休憩
高病原性鳥インフルエンザの疫学
座長:明石博臣(東京大学教授)
15:30-16:10 タイにおける高病原性鳥インフルエンザの疫学
Dr. Suwicha Kasemsuwan(タイ・カセタート大学)
16:10-16:50 アジアにおける高病原性鳥インフルエンザの疫学
筒井俊之(動物衛生研究所、東京大学連携助教授)
16:50-17:30 鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスの疫学的考察
小澤義博(国際獣疫事務局名誉顧問)
17:45-19:30 懇親会
場所:山上会館談話ホール ※案内図(本郷キャンパス・三四郎池に隣接)
参加費:無料シンポジウムの講演者、座長のほかに約20名の懇親会参加者を受け付けます。
参加ご希望の方は、
「shokuhinアットマークfrc.a.u-tokyo.ac.jp」(アットマークは@です)に、電子メールでお申込み下さい。

11月20日(火)

食品汚染化学物質の発がん性評価
座長:熊谷進(東京大学教授)
10:00-10:40 発がん性評価における遺伝毒性
林 真(国立医薬食衛研変異遺伝部長)
10:40-11:20 発がん性評価における閾値の問題
福島昭治(日本バイオアッセイ研究センター所長)
11:20-12:00 国際基準設定に向けた食品汚染アフラトキシンの評価
小西良子(国立医薬食衛研衛生微生物部長)
休憩
食品汚染病原微生物のリスク低減に向けて
座長:春日文子(国立医薬食衛研食品衛生管理部第3室長)
13:30-14:00 細菌性食中毒:発生状況と対応
熊谷 進(東京大学教授)
14:00-14:40 カンピロバクター食中毒防止に向けて
品川邦汎(岩手大学教授)
休憩
15:00-15:40 生産段階における鶏サルモネラ症の制御
中村政幸(北里大学教授)
15:40-16:20 食品安全における薬剤耐性菌への対応
田村 豊(酪農学園大学教授)
16:20-16:30 閉会
熊谷 進(東京大学獣医学専攻教授)

English

Nov. 19(Monday)

10:30-10:40 Opening Remark
Veterinary Epidemiology for Ensuring Food Safety
Chair: Dr. Takashi Onodera(Professor of Molecular Immunology, Univ. Tokyo)
10:40-11:20 The Role of veterinary epidemiology in food safety issues: Methods and application
Dr. M.D. Salman(Professor of Epidemiology, Colorado State University)
11:20-12:00 Evaluation of diagnostic assays for food-born pathogen monitoring programs
Dr. I. Gardner(Professor of Epidemiology, University of California)
Break
13:00-14:00 Epidemiology of BSE in Japan
Dr. Y. Yoshikawa (Professor of Biomedical Sciences, University of Tokyo)
14:00-14:40 The value of risk based surveillance for food safety issues
Dr. K. Staerk(Professor of Veterinary Public Health, Royal Veterinary College)
14:40-15:10 The Contribution of Veterinary Epidemiology to Health Decision Processes: Understanding and Solving the Issue of Antimicrobial Resistance
Dr.D. A.Daragtz(Colorado State University)
Break
Epidemiology of Highly Pathogenic Avian Influenza(HPAI)Chair: Hiroomi Akashi (Professor of Veterinary Microbiology, Univ. Tokyo)
15:30-16:10 Epidemiology of Highly Pathogenic Avian Influenza in Thailand
Dr. Suwicha Kasemsuwan(Kasetsart University, Thailand)
16:10-16:50 Epidemiology of Highly Pathogenic Avian Influenza in Asia
Dr. Toshiyuki Tsutsui(Epidemiological Research Team, National Institute of Animal Health)
16:50-17:30 Epidemiology of Avian Influenza(H5N1 virus)
Dr. Yoshihiro Ozawa(OIE Honorary Advisor)
17:45-19:30 Welcome party

November 20(Tuesday)

Assessment of carcinogenicity by chemical pollutants of food
Chair: Susumu Kumagai(Professor of Veterinary Public Health, Univ. Tokyo)
10:00-10:40 Geno-toxicity in risk assessment of carcinogen
Dr. Makoto Hayashi(Head, Division of Genetics and Mutagenesis, National Institute of Health Sciences)
10:40-11:20 Threshold in risk assessment of carcinogen
Dr. Shoji Fukushima(Director, Japan Bioassay Research Center)
11:20-12:00 Risk assessment of aflatoxin toward establishment of international regulatory standard
Dr. Yoshiko Konishi(Head, Division of Microbiology, National Institute of Health Sciences)
Break
Toward the reduction of risk by pathogenic microorganisms in food
Chair: Fumiko Kasuga(Chief, 3rd Lab., Division of Biomedical Food Research, NIHS)
13:30-14:00 Bacterial food poisoning: Current status of occurrence and control
Dr. Susumu Kumagai(Professor, Veterinary Public Health, Univ. Tokyo)
14:00-14:40 Toward the prevention of food-borne Campylobacter infection
Dr. Kunihiro Shinagawa(Professor, Iwate University)
Break
15:00-15:40 Control of Salmonella in chickenDr. Masayuki Nakamura(Professor, Laboratory of Zoonoses, Kitasato University)
15:40-16:20 Drug resistant bacteria in food safety
Dr. Yutaka Tamura(Professor, Veterinary Public Health, Rakuno Gakuen University)
16:20-16:30 Closing Remark
sp
PageTop