Information

HOME > Information » イベント > 食育シンポジウム「減塩と健康」(10/29開催)

イベント

食育シンポジウム「減塩と健康」(10/29開催)

掲載日: 2013年9月30日

食育シンポジウム「減塩と健康」

131029食の安全研究センターの後援イベントをご紹介します。

本イベントに関する詳細は主催者であるNPO食の安全と安心を科学する会内のページをご覧ください。

日時 2013年10月29日(火) 10:50-15:00
場所 東京大学弥生キャンパスフードサイエンス棟中島ホール
定員 100名
※当日参加も受け付けますが、満席の場合はお断りをする場合がありますので、事前登録を推奨いたします。→申込フォームはこちら
※小学生以下の入場はお断りします。
参加費 3,000円(抄録集とお弁当代を含む)
主催 NPO食の安全と安心を科学する会(SFSS)
後援・協賛 東京大学食の安全研究センター、旭松食品株式会社
お問い合わせ SFSS関西事務局 TEL:06-6227-8550 FAX:06-6227-8540

プログラム

10:50-11:00 「オーバービュー:減塩と健康」
局博一(東京大学大学院農学生命科学研究科附属食の安全研究センター 特任教授)
11:00-12:00 「食育:減塩の大切さ」
服部幸應(学校法人服部学園 理事長、医学博士、健康大使)
12:00-13:30 ランチタイム
「凍り豆腐と新規大豆食品を使用した減塩弁当(人形町今半謹製)のご紹介」
渡辺雅美(NPO食の安全と安心を科学する会 理事、栄養士)
牧野太郎(旭松食品株式会社 大阪支店長、業務用・医療用食材部部長)
13:30-14:50 「高血圧予防のための減塩の重要性」
安東克之(東京大学大学院医学系研究科分子循環代謝病学講座 特任准教授)
14:50-15:00 「総評および閉会のあいさつ」
山崎毅(NPO食の安全と安心を科学する会 理事長)
PageTop