HOME > Information » お知らせ > 食の安全研究センター国際シンポジウム「食の安全と食品媒介感染症」

お知らせ

食の安全研究センター国際シンポジウム「食の安全と食品媒介感染症」

掲載日:2008.12.20

International Symposium Food Safety and Food-borne Infectious Diseases

内容

PDF

PDF

現在最も大きな懸念をもたれている食品媒介感染症として、シカ慢性消耗性疾患、非定型牛海面状脳症、動物由来連鎖球菌感染症、カンピロバクター食中毒、腸炎ビブリオ食中毒、新たな黄色ブドウ球菌毒素による食中毒等に関し、韓国とニュージーランドを含め国内外の第一人者である7名の専門家が最新の科学的成果を紹介する。
その報告を踏まえ、食品媒介感染症の制圧に向けた討議を行い、今後の対応を探る。

プログラム PROGRAM

日時 平成20年12月20 日(土) 10:00 – 17:00
場所 東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール(東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩2 分)
参加 入場無料・事前申込不要
主催 食の安全研究センター
共催 アグリコクーン(ACT33)
現代GP 畜産物の安全安心を保障する人材の育成教育
獣医疫学会
お問い合わせ 東京大学大学院農学生命科学研究科
食の安全研究センター 教授 熊谷進
ポスター(PDF)

プログラム

10:00-12:00
  1. シカ慢性消耗性疾患の発生状況とBSE 対策(李栄純、韓国ソウル大学)
    Occurrence of Chronic Wasting Disease in Deer and Control Measure for BSE
  2. 非定型BSE のリスク(横山隆、動衛研)
    Risk of Atypical BSE
  3. 牛の脳内接種によるBSE 実験感染~臨床症状と異常プリオン蛋白質の分布(福田茂夫、北海道立畜産試験場)
    BSE Experimental Infection by Intracerebral Inoculation in Cattle : Clinical Symptoms and PrP-Sc Distributions
昼休み
13:30-17:00
  1. 動物由来連鎖球菌の脅威(関崎勉、東大)
    Threat of Streptococcus of Animal Origin
  2. 分子疫学による二ュージーランドにおけるカンピロバクター感染症サーベイランスとコントロール(E. Pleydell、マッセイ大学エピセンター)
    Using Molecular Epidemiology to Enhance the Surveillance and Control of Campylobacteriosis in New Zealand
  3. 腸炎ビブリオの世界的流行(西渕光昭、京都大)
    Pandemic Spread of the Infection by a New Clone of Vibrio parahaemolyticus and Safety of Fish and Shellfish
  4. 新たな黄色ブドウ球菌毒素(重茂克彦、岩手大)
    Diverse of Staphylococcal Enterotoxin Family
sp
PageTop